貴女が目覚めた時、そこは不気味な城の一室だった。鴉の不気味な鳴き声、赤茶けた夕陽、外は鬱蒼とした森に遮られ、とても寒い。手元には音声収録用のレコーダー、携帯の電源は何をしても、入らない。戸惑う貴女に、時代錯誤な衣装を着た、目が煌々と輝く双子の少年が話しかけてきた。「お帰りなさいませ、姫」姫?ここはどこなの?そして彼らは……。 貴女が目覚めた時、そこは不気味な城の一室だった。鴉の不気味な鳴き声、赤茶けた夕陽、外は鬱蒼とした森に遮られ、とても寒い。手元には音声収録用のレコーダー、携帯の電源は何をしても、入らない。戸惑う貴女に、時代錯誤な衣装を着た、目が煌々と輝く双子の少年が話しかけてきた。「お帰りなさいませ、姫」姫?ここはどこなの?そして彼らは……。

新着情報 新着情報

「リュシオルの姫」公式サイトオープン!