それは四番星の新記録(にゅうれこぉど)――

  • LINEで送る

それは四番星の新記録(にゅうれこぉど)――

 
 
 
ようこそ、「大帝國劇場」へ!
 
最近、無線式をなくして
よりよい音質を求めて有線のイヤホンに切替ました。
 
これによって、
イヤホンの電源を入れ忘れたせいで
恥ずかしい音をプレイヤーから
垂れ流してしまう事案は回避できます。
 
されば安心!
 
不二の当日ボイス公開を
電車内にてタブレットで確認する人間が一人。
 
しかし電車の走る音のためか、
音が小さいのです。
当然、音量ボタンを連打します。
 
聞こえはするのですが、
どこかくぐもった四番星の声。
 
そのとき、気付いてしまったのです。
 
イヤホンが繋がる先が、
タブレットではなくスマホであることに。
 
問題の本質はイヤホンではなく、
ボク自身です。
 
心は乙女、Rejetのニシオカと申します。
 
 
 
さてみなさま、
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
四番星・不二(声:木村良平)
 
 
さすが不二、
遂に新記録樹立です。
 
 
 
 
『タワレコ全店アニメTOP5』
第2位です。
 
 
 
 
今までは決まって「3位」でしたが
 
 
遂に2位。
 
 
やはりあれでしょうか。
今までの他の帝國スタアに比べれば、
だいぶマイルド(当社比)な内容であったことが
幸いしたのでしょうか?
 
 
まあ縛りますけど。
 
 
拘束あり、壁ドンあり。
主人公に構ってもらえると
それだけで嬉しい。
 
足りるとも不足なきヤンデレ。
 
それが不二でございます。
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
四番星・不二(声:木村良平)
好評発売中です。
 
 
そんな不二ですが、
主人公との触れ合いを通じて
彼の中の何かが変わり始めます。
 
二人の間に繰り広げられるドラマとは?
 
それは是非、製品にて。
 
 
 
本日はもう1点お報せが。
来月に発売を控えております、
 
 
伍番星・怜(声:近藤 隆)
 
 
大変お待たせ致しました。
 
 
公演案内状を公開です。
 
 
bar.png
 
 
舞台上の伍番星.jpg
bar.png
 
 
こちら公式サイトからもご確認が出来ます。
 
さていかがでしょうか?
このキリリとした表情の怜。
 
普段は柔和な笑みを常に浮かべております
彼ですが、やはり帝國スタア。
舞台の上では、その役に相応しき表情を作るのです。
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
伍番星・怜(声:近藤 隆)
8/27発売予定です。
 
 
 
さてさて、惜しくはございますが
本日はこれにて仕舞です。
 
 
 
 
 
 
次回更新は7/28を予定です。
 
 
 
 
 
 
時は大正――
 
戦後、暗い影を落とす帝都を照らす、儚い光。
 
そんな「光(スタア)」で有り続けた偶像(あいどる)たちとの貴女の物語。
 
 
 
 
 

次週ご期待!

それは毅然たる帝國の四番星(スタア)――

  • LINEで送る

それは毅然たる帝國の四番星(スタア)――

 

 
 
四番星・不二(声:木村良平)
本日発売
 
 
 
時間が経つのは早いものです。
気付けば参番星の発売からおよそひと月。
お待たせいたしました。
 
 
 
本日発売です。
 
 
 
大帝國劇場の四番星。
多大な功績を遺した軍人の父を持ち、
行き過ぎた教育を受けた果てに
まるで機械の様な性格になった少年。
 
しかし執着を見出したものには、
執拗なまだに心を傾ける。
 
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
四番星・不二(声:木村良平)
 
 
どうぞ、よろしくお願い致します。
 
 
 
ご挨拶が遅れました。
ようこそ、「大帝國劇場」へ。
Rejetのニシオカと申します。
 
 
さてさて、本日は
黒裄先生からみなさまへ
プレゼントがございます。
 
 
bar.png
 
 
もふりたい.jpg
黒裄先生ありがとうございます!
 
 
犬耳です。
正座です。
尻尾です。
振っています。
 
これほどまでに不二という人物を的確に表現した
イラストがあるでしょうか?
 
特にしっぽ、しっぽです。
たぶんこれ主人公の前だと無条件で嬉しくて
ふってるやつです。
 
ちなみに、餌の前でずっと「待て」を命令したい
気持ちに駆られるのはわたしだけでしょうか?
ほら、可愛い子ほど意地悪したくなるやつです。
 
 
黒裄先生ありがとうございます!
 
bar.png
 
 
 
さてさて、本日はこれにて仕舞です。
 
遂に迎えた四番星・不二の発売。
しかしみなさま、油断は禁物です。
次弾たる
 
 
 
伍番星・怜(声:近藤 隆)
 
 
 
公演案内状は
明日公開です。
 
 
 
 
ブログの更新ですか?
 
 
 
 
もちろん明日です。
 
 
 
 
 
 
時は大正――
 
戦後、暗い影を落とす帝都を照らす、儚い光。
 
そんな「光(スタア)」で有り続けた偶像(あいどる)たちとの貴女の物語。
 
 
 
 
 

明日をご期待!

四番星・不二 開幕前夜

  • LINEで送る

開演直前、不二から貴女へと送られる言葉(めっせぇじ)――

 
 
ようこそ、「大帝國劇場」へ!
心は乙女、Rejetのニシオカと申します。
 
 
 
月日がながれるのは早いものです、
四番星・不二の発売も
 
 
 
いよいよ明日
 
 
 
そうです。
 
 
 
開幕前夜
 
 
 
でございます。
 
 
 
恒例となっております。
 
 
 
前日ボイス
 
 
 
を公開中です。
もし、まだの方がおりましたらお急ぎを。
じきに、
 
 
 
発売日ボイスを
公開です。
 
 
 
その際には前日ボイスはお聴きに
なれなくなりますのでご注意を。
こちらも恒例。
 
 
 
明日0時に
 
 
 
四番星・不二から貴女へと
送られるメッセージ。
ぜひお楽しみください。
 
 
そして本日はもう一つおまけがございます。
こちらRejet_infoより
公開致しました不二の本編セリフの一部。
ええ、折角の発売前日なのですから、
こちら
 
 
まとめて振り返りましょう。
 
 
bar.png
 
 
teikoku04_SS_800x600_01.jpg
teikoku04_SS_800x600_02.jpg
teikoku04_SS_800x600_03.jpg
※クリックで拡大

bar.png

 
 
主人公への執着を感じさせる
セリフの数々。
しかし最後の1枚だけは、
随分と趣の違うものとなっております。
 
不二の心に、いかなる変化があったのか。
それはぜひ、製品にてお確かめください。
 
 
 
 
気付けば四番星も発売前夜。
繰り返しとなりますが、みなさま
 
 
 
明日0時
 
 
 
公開されます発売日ボイスの
ご確認をお忘れなく。
 
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
四番星・不二(声:木村良平)
明日発売です。
 
 
 
 
 
 
 
ブログは明日も更新です。
 
 
 
 
 
 
 
時は大正――
 
戦後、暗い影を落とす帝都を照らす、儚い光。
 
そんな「光(スタア)」で有り続けた偶像(あいどる)たちとの貴女の物語。
 
 
 
 
 

いよいよ明日!

それは秘められし幼馴染の御姿(すはだ)――

  • LINEで送る

それは秘められし幼馴染の御姿(すはだ)――

 
 
ようこそ「大帝國劇場」へ!
 
最近は熱くなってまいりましたが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
 
僕は先日、「夏ですから」と
ラムネの差し入れを頂きました。
 
まるで頭から被って欲しそうな目を
していましたが、普通に飲みました。
 
とても美味しかったです。
 
心は乙女、Rejetのニシオカと申します。
 
 
 
さてさて、
ついに週末を迎えます本日の
更新ですが、
 
 
怜の楽屋裏グラビアが公開されました。
 
 
公式サイトへはこちらからご確認を。
もちろん、当ブログでもご紹介です。
 
 
 
bar.png
 
楽屋裏でみんな何してるんでしょ.jpg
bar.png
 
 
見事な脱ぎっぷりです。
 
大きく前を開け、
目は気だるげにこちらを見つめる幼馴染。
眼鏡のつるを噛む姿が妖艶です。
「グラビア」と呼ぶに相応しい一枚ではないでしょうか?
 
 
紛れもない華族であると同時に、
主人公の幼馴染。
身分差を気にすることもなく
劇場では主人公を守る優しき青年。
しかしその心の奥に、
狂気を秘める帝國スタアが伍番星。
 
そんな彼と貴女との物語は、
果たしていかなる結末を迎えるのか。
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
伍番星・怜(声:近藤 隆)
8/27発売予定です。
 
 
 
bar.png
 
 
 
さてさて、本日はこれにて仕舞となります。
 
 
 
 
 
 
次回更新は7/22(火)。
 
 
 
 
 
 
 
そうです。
不二発売はすぐ目の前。
 
 
 
 
 
カウントダウンボイスを
忘れてはいけません。
 
 
 
 
 
 
時は大正――
 
戦後、暗い影を落とす帝都を照らす、儚い光。
 
そんな「光(スタア)」で有り続けた偶像(あいどる)たちとの貴女の物語。
 
 
 
 

次週もご期待!

それは伍番星の狂気(ほんね)――

  • LINEで送る

それは伍番星の狂気(ほんね)――

 
 
ようこそ「大帝國劇場」へ!
心は乙女、Rejetのニシオカと申します。
 
 
遂に、です。
 
 
怜サンプルボイス第3弾
 
公開となります。
 
 
bar.png
 
 
ああ、やっと捕まえた。
 
最期に感じる人のぬくもりが、おまえのものでよかった。
 
だけど……最期ぐらい、もう少し欲張らせておくれ。
 
抵抗しないのは……動いたら落ちそうで怖いから?
 
ほら……落ちてしまうよ。
 
もっとおれにしがみついたらどうだい?
 
こうして、首に手を回してさぁ……。
 
それとも、おれと一緒に落ちるかい?
 
ふふっ、まだ言うんだねぇ。死んでは駄目だ、って……。
 
 
 
 
bar.png
 
 
このセリフ、
あえて解説をするならば、です。
 
 
彼もまた紛れもなく
「帝國スタア」だということです。
 
 
今まで公開させて頂きました
全3弾のサンプルボイス。
今回のものは文字にして最も短く、
しかし怜という人間を示すのには、
最も雄弁なものかと思います。
 
音で聴くだけでは、
お分かりになれないところでございますが、
彼が口にする「最期(さいご)」という単語。
 
 
「最後」ではなく「最期」です。
 
 
これは決して、誤字ではございません。
 
 
華族でありながら主人公の幼馴染。
学習院に通う文学青年。
身分差を気にする様子もなく主人公を気にかけ、
劇場で主人公が平民と謗られれば彼女を守る。
そんな優しき伍番星。
しかし、そんな彼の心の奥底は……。
 
 
大正偶像浪漫「帝國スタア」
伍番星・怜(声:近藤 隆)
8/27発売予定です。
 
 
 
bar.png
 
 
 
さてさて、短くはありますが、
本日はこれにて仕舞となります。
 
 
 
 
 
 
次回更新は7/18(金)。
 
 
 
 
 
 
 
不二の発売は間近です。
 
 
 
 
 
 
時は大正――
 
戦後、暗い影を落とす帝都を照らす、儚い光。
 
そんな「光(スタア)」で有り続けた偶像(あいどる)たちとの貴女の物語。
 
 
 
 

明日もご期待!